構成図
構成図
構成図
【蒸散促進層拡大写真】 構成図
構成図
測定日 平成23年8月10日
場所 東京羽田 冷凍冷蔵倉庫屋上(露出防水)
天気 晴れ
構成図
屋上散水システムの実施エリア内(海水化学工業且{工)に、ESCO2Nパネルを設置し、散水、非散水部の温度を測定した。ESCO2Nパネルは表面と下面(スラブ設置面)の温度を測定。 散水は、温度検知式自動散水システムを用いて、防水表面温度が50℃に達すると散水を行った。 構成図
■ESCO2N-Bを張っただけで、非散水状態においても温度低下効果が得られる。(グラフ@→A)
■散水を行うことで、蒸散による冷却効果が加算される。(グラフ@→B)
■さらに断熱材の効果で、熱の流入を防ぎ、外気温以下の温度低下効果を実現する。(グラフ@→D)
■表面材の蒸散冷却効果により、表面材の蓄熱量は大巾に低減する。
【雨水による効果期間は一旦保水(ESCO2N(Rc30)なら約12リットル/m2保水)し、3日間程度、冷却効果が持続。】



構成図
<NEW>
※横浜市立大学との共同研究の速報があります。
ESCO2N-Rc(P)の夏場の実証データです。
  • ◇こちらからご覧になれます


  • <NEW>
    ※琉球大学との共同研究の速報があります。
    ESCO2N-Rc(P)、及び、ESCO2N−Rc(B)の夏場の実証データです。
  • ◇こちらからご覧になれます

  • ESCO2N-Rc(P)、及び、ESCO2N−Rc(B)の冬場の実証データです。
  • ◇こちらからご覧になれます


  • <NEW>
    ※当社で測定したESCO2N−Rc(B)の冬場の実証データです。
  • ◇こちらからご覧になれます