概要

やっぱり空は広々がいい

KaiSui屋上外断熱+緑化システム

『平成22年度やまぐちエコ市場プロジェクト調査費補助金事業成果品(山口県環境生活部廃棄物・リサイクル対策課)』
『山口県産省エネ・グリーン化製品 登録製品』




今までにない、芝本来のしたたかに生き抜く力を活用し、省管理性を実現!
他の緑化にない外断熱効果通年省エネ効果大
見る緑化から使える緑化へ(資産価値向上)!
特殊構造で軽量化を実現、さらに安価に!






独特な構造を有した断熱植栽ボード(ビーズ法発泡ポリスチレン成型ボード)を利用した、外断熱の屋上緑化システムです。








○植栽基盤湿潤時重量約48s/u (業界最軽量レベル)。 
○従来の本格的屋上緑化より、約3割ほど安価《当社製品比》。



○特殊な基盤構造(芝の馴化※・ 均整化現象を利用)で大幅なメンテナンス軽減を実現。
《当社製品比30〜50%軽減》



○ESGボードに使用しているビーズ法ポリスチレンフォームは建築物・外構のかさ上げ材として使用されており、材料の軽量性・圧縮性・耐水性および加工性に優れています。
(自己消化性グレード) ○圧縮強さは12×104N/u(12×103sf/u)以上(40倍発泡)。



○防水層の劣化進行を半永久的に抑止(劣化要因の解消)。



○次世代省エネ基準(屋根又は天井/W地域)を超える高い温熱環境改善効果。
(熱貫流抵抗R=約2.5/湿潤時)



○ESGボードの嵌合構造は、草本類の根の重力屈性理論(実案登録)と実証試験により裏付けされた、確かな防根性能を発揮し、防水層を保護します。
○植物根に接する面に耐根被膜(塗装)を設けることで、ボード(発泡体)への根の喰い込みを防止します。




※馴化・・・生物の季節変化、高地移動などの際に新しい環境ストレスに対応するのに数日から数週間、数年を経て、ストレス対応体系や、矮化(節間や葉などが縮小化しストレスに対応)する適応能力のことで、ESGreen-NEOでは、様々な形状の研究の末、他の方法では難しい、画期的とも言える、メンテナンスの大巾削減(刈込み回数低下や、耐病性向上など)と長期安定生育を実現することに成功し、実証確認済み。
【特許出願中、実用新案登録済】




製造販売元      (特許出願済)

海水化学工業株式会社
環境バイオ・システム事業部

〒747-0026 山口県防府市緑町1丁目10-20-1101
TEL 0835-22-8105 FAX 0835-22-1175


お問い合わせはこちら